人気ブログランキング |

SO+RA sotora ソトラ

sotora2011.exblog.jp ブログトップ

タグ:アート・ディスプレイ ( 101 ) タグの人気記事

其礼成(それなり)トルコ


e0248598_1202815.jpg




           ジャーン! トルコへ行ってきました~v





e0248598_1214966.jpg



             というのは冗談です。
             今ちょっとトルコは難しそうですからね。
             周りを見れば一目瞭然。
             こちら、東京にある 東京ジャーミィ・トルコ文化センター です。

             東京旅してきました。
             時は前後しますが、まずはこちらから。




e0248598_1273365.jpg


            礼拝堂内は土足厳禁、女性は髪を覆う必要があるのですが、
            親切なことに、使い捨てのストールが置いてあります。
            ちょっと暑くてむわ~っとなるものの我慢。

            中は想像以上にとても素敵!
            オープン直後なのもあり、見学者はわたしを含め女子3人のみ。
            5人以上の見学には届けが要るようですが、基本的には自由に
            見学可能です。
            


e0248598_1343173.jpg

       

             色合いが優しく落ち着く空間。



e0248598_1372358.jpg


             女性のみ、向かって右手にある螺旋階段をのぼって
             上階にあがれます。



e0248598_1382422.jpg


              上から見ても素敵。絨毯含め装飾がまとまって美しいです。
              しばらく座りこんでぐるりと見渡してみました。



e0248598_1395122.jpg



              今回前もっては予定していなかった場処だったけれど、
              早起きして来てみてよかったです。

              トルコ文化センターへは、千代田線・小田急線にて
              「 代々木上原 」 駅下車 徒歩4分です。



e0248598_1411765.jpg



                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


              さて、今回の旅のメインである 演劇鑑賞ももちろん
              してまいりました☆


e0248598_144560.jpg


               三谷幸喜 作・演出 『 其礼成心中 ~ それなりしんじゅう ~
               ですが、すごくおもしろかったです!
               心中・・との題目に “ おもしろい ” とはちょっとばかり
               不謹慎な気がしてためらいますが、内容は・・
               ここはネタバレしてしまうといけないので伏せます。

               文楽は初めてだったので楽しめるか不安もあり、
               でも三谷さんの演出なので、そこはきっと初心者
               ながらにわかりやすいものになっているだろうと
               希望をもっていき、大満足でした◎
               公演開始前にご本人も黒子に扮し、人形を手に
               舞台前でご挨拶^^ 生声に感激しました ( ファンですw )
               また10月、同所での三谷作品を観にくる予定です♫


               さて、東京旅のつづきはまだ☆
               行きたかったカフェにも行ってきましたv
               そのもようはまた次の記事で。
by sotora2011 | 2013-08-15 02:03 |

教会とギフトショップ

e0248598_22205673.jpg





           教会にあるギフトショップ。
           アクセサリーなどを売る、ちょっとこだわりを感じるお店でした。

           壁のキリストとの調和が不思議な雰囲気なのです。





                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




e0248598_2224948.jpg



                  今日は、夏休み企画第一弾
                  大阪に 『 盲導犬 』 を観に行ってきました。
                  

                  この夏は、勝手に演劇鑑賞ブーム!
                  ということで、この先②公演分控えています。

                  演劇鑑賞は人生で二回目ですが、興奮しますね。
                  蜷川作品なので覚悟はしてましたが、
                  ところどころに印象に残る演出に押され、
                  でもほんとうのところの理解・不理解については
                  観念的なところが占めているがために、ちょっと
                  時を置いてでないとついていけないところは
                  ありました。
                  それでもこの新鮮な時間はじゅうぶん楽しみました。

                  ちなみに
                  ほんとにワンちゃん出てきます。
                  舞台上の特殊環境のなか冷静にいられる彼らに、
                  現実、頭がさがりました・・・^^



                  
by sotora2011 | 2013-08-10 22:52 |

リブシナ通りの邸宅

e0248598_1181577.jpg




          この日は朝から雨が降り出したので、
          テスコ ( イギリス系スーパー ) のオープンを待って
          折り畳み傘をゲットし、キュビズム建築探訪へ。

          上の邸宅がその様式のひとつ。
          斜めのカットの組み合わせで統一された造りが、
          独特の雰囲気をつくっています。
          こちらは1912~13年に建てられたものだそう。

          キュビズムっていうと、まったく関係ないのに
          ルービックキューブが浮かびます・・w

          さて、ほかにもキュビズム様式が見られる場所が
          ガイドブックにあったのですが、いくら歩いても
          見つかりません。
          風雨はきつくなってくるし、人は少ないし、道幅は
          狭くなって道路ぎりぎりで傘さして歩いてたら、
          走ってる車にクラクション鳴らされました・・。
          外国で注意されると、おっかないですね。
          その先で行こうと思っていた公園も、登り口が
          見つからず、おまけに道路工事していて先にも
          進めずで・・いろんな意味で心拍数あがってくるし、
          その先のトラム停車場で引き返しました。
          知らない場処ではあんまりムリしないことです。
          そして、現地調達に頼ることもしかり・・です。
          テスコで買ったなんでもない傘は、今でも教訓です^^




          
by sotora2011 | 2013-07-27 11:36 |

小さなことから

e0248598_21282457.jpg





            狭小のバルコニー ( というのかしら ) にも気持ちを向ける。
            小さな鉢と植え込みが物語っています。






                 *************



              今日は、わたしってちっとも成長してないんだな・・と思った日。
              昔から、コトバを生業 (ことさら書くことのほう) にしていたような
              ものなので、コトバは大切にしてきたつもりで、厳しく考えるし、
              ブログを書くときだって、これでも結構熟考して組み立てている。
              オープンするまで何度も読み返す。※成果はおいといて..
              そのおかげで、職場でも重宝がられて任される職務だってある。
              ただのウマイ話かもしれないけど出版しないかと持ちかけられた
              こともあるし、先日もちょうど数年ぶりに再度打診があった。

              そんな、書くコトバに献身してきたわたしなのに、 ( 大げさ
              肝心な私生活の面では報われないことがままある。
              ものすごくものすごく考えて出したものが
              「 やってしまった....... 」 ショボン
              となるパターン。
              主にメール。
              過去にやってしまったのが、女友達からの、ただただ聞いて
              同調してほしいかっただけ・・のメールに返してしまった、
              簡潔な “ ひとまずの方法論 ”。 ( コトバはふせます
              気心しれていたこともあって、その先に続けるコトバとストーリー
              まで組み立てての一言だったんだけど、こういうとき、普通の
              女の子は、わたしの意見とか解決方法なんて聞きたくない
              んだよねっていうことに後から気がついた。
              わたしのなかでは、ただただ相手に合わせてうなずくだけ
              じゃ失礼な気がして、議論を尽くしたりときには苦言を呈する
              のが真に接しているって姿勢だと思っていたけど、それは
              もっと先の、あるいは必要ない会話だったみたい。
              どこか、いい格好したかっただけなのかもしれん..って今では
              思うけど、そういうところはまだ抜けきれてないのかも。
              なにかしてあげたいと思うなら、、、
              一言ただ、 「 だいじょうぶ~? 」 でよかったんだと思う。
              
              でもこのごろわかる。
              自分がしんどいとき、ほかのことにすり替えて慮る余裕が
              持てないことが多くなってきたし、思いのたけをバイオリズム
              に添って聞いてくれる相手は貴重で。。
              大人とは・・って考えると、しんどいときにも切り替えて対応
              できる人、なのかもしれないけど、人に意見してる場合じゃ
              ないでしょってくらい自分はできていない。子どもだ。
              
              今日も、奥にある思いが強すぎて、出す時にエイヤ~って
              短いコトバのなかに込めたことが、結局刺し返されてきた。
              欲しいと思うコトバは、欲しいと思うコトバを与えてあげないと
              還ってこない。
              
              余計なひとことは、余計ですよと還ってきた。

              で、相も変わらずまた、自分に向けられたコトバじゃないと
              文脈から読み取れるんだけど、末文の
              「 興味が無い 」 「 無関心です 」 ってコトバに
              それってもしかしてわたしのことかなぁ・・って引っ掛かって
              しまってるわたしがいる。


              わたしにはきっと、LINE なんて到底ムリだろうな・・^^;






              
by sotora2011 | 2013-07-26 00:16 |

味ある窓辺

e0248598_22173294.jpg





            窓のデザインはとても気になる性質です。







                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



                     梅雨明けましたね。
                     今日はノースリーブで出勤してみました。

                     七夕のお願いごとをするのをすっかり忘れていました。
                     毎日お願いしてばかりなので、もはや七夕にこじつける
                     までもないのかもしれないけど。。

                    



                    
by sotora2011 | 2013-07-08 22:32 |

スクロヴェーニ礼拝堂@大塚国際美術館

e0248598_18454760.jpg




           大塚国際美術館のなかで圧倒的な人気のホール。
           スクロヴェーニ礼拝堂を模したものです。
           ブルーのフレスコ画転写が、なかなかの存在感を放ってます。




e0248598_18485114.jpg



           陶板の継ぎ目も壁が広いせいか気にならず、落ち着く仕上がり。
           みんなこのブルーにいたく惹かれるようで、人の出入りが途絶えません。
           1枚目もめちゃくちゃ粘って人の波が消えたところで撮りましたw




e0248598_18514397.jpg



           美術館には、スターウォーズのR2D2みたいな案内ロボットがいて、
           館内を自走して作品紹介してくれます。

           ここではちゃんとポインターを使って絵の説明をしてましたよ。






                   
by sotora2011 | 2013-06-26 19:05 |

大塚国際美術館 + 陶板のシスティーナ礼拝堂 +

e0248598_23432254.jpg





          有名なバチカンにあるシスティーナ礼拝堂を模したホールです。

          上階のギャラリーから観るとそれなりです。

          ホンモノの礼拝堂内は、むかし訪ねたときはもちろん撮影不可でしたし、
          予約制なのに朝からものすごい行列に並んで入らねばなりませんでした。
          入口に立てかけてある、礼拝堂内の写真を写したプレートを今のうちに
          撮っておきなさい・・とガイドに言われます。。
          ただ、やっぱりあのとき観た真の青い天井画は圧巻でした。
          それを思い出したことは、ここを訪ねた甲斐があったというものなの
          かもしれません。

          


e0248598_012062.jpg


          
          
          その場所を歩いてみたくなるような風景。
          気になった絵のひとつです。




          さて、ほかにもイタリアの有名どころを再現したコーナーを回り
          ましたが、またそちらは次回^^
by sotora2011 | 2013-06-19 00:05 |

大塚国際美術館を訪ねる

e0248598_2259418.jpg





           体力も回復したので、思い切って、予定していた 徳島県鳴門市の
           大塚国際美術館を訪ねてきました。





e0248598_2321714.jpg



           大塚国際美術館は、西洋の名立たる名画をオリジナルサイズで
           陶板に復元した、1000余点もの作品を有する美術館です。


           
e0248598_2381569.jpg




           あまり予習なしに訪ねたので、すべて陶板名画だとは知らず・・
           イタリアや美術展などで直に観たものについてはやはり、実物と比べ
           ざるを得ません。
           キャンバスに重ねられた絵の具はもっと濃厚だったりテラテラしていたり、
           やわらかく繊細だったりしたので、やはり観入るような感動は難しいです。
           実物を観た人は、 「 あぁ、こんなのがあったなぁ 」 と思いかえすことが
           できるし、観たことない人は、そこへ行ったような気分になれる・・かも?
           作品の数は多いし見ごたえはあって、階をおりるごとに迫力は増しました。
           わたしは結局、昼食含めて5時間ほどいました。




e0248598_23263192.jpg



           まずはモネの大睡蓮をモチーフにした展示スペースから。
           こちらは地下2階にあります。




e0248598_23275376.jpg



           池の周りにはカフェテーブルがあって、お茶が楽しめます。
           水面には赤とんぼが飛び、メダカが優雅に泳いでいました。



e0248598_23293464.jpg



            小橋を渡ると円形にめぐらされて絵画が展示されていました。



e0248598_23303727.jpg




            久しぶりの遠出で、たくさん撮ったので今日はちょっぴり疲れました。
            あとはまたつづきの記事でご紹介。
by sotora2011 | 2013-06-16 23:35 |

歩み

e0248598_20282745.jpg




             人でも動物でも、ついついお尻を見てしまいます。
             
             ザンネンながら今、重力にむかってまっしぐらなわたしには
             かたちのよいお尻は永遠の憧れです。



             さて、最終日に高い場所からプラハを一望しようと
             展望台にのぼるためケーブルカー乗り場までやってきました。



             ちょっと前からトラムの窓越しに気になっていた像を
             間近で見ることができました。




e0248598_20335226.jpg




             人類再生?
             階段を降りるように歩みをすすめるごとに身体が徐々に形成
             されているのは不思議な感覚。

            

e0248598_20401742.jpg




               アップにするともっと不思議な感覚に包まれます。
               合成じゃないですよ。
               気味悪くなって怖がらせちゃったらスミマセン。
               そして眠れなくなったらスミマセン。。
 
by sotora2011 | 2013-05-24 20:54 |

あなたならどうする

e0248598_16211970.jpg





              銃が銃を。
              なんの風刺なのかはわからないけれど、
              チェコ製のピストルは有名なのだそうです。

              わたしは銃器に格好よさは感じない。
              なくならない凶器。
              なくならない虚栄心。




              
              
by sotora2011 | 2013-05-11 16:44 |
line

旅のひとさじ+日々のひとかけ


by らん RUNNE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30