SO+RA sotora ソトラ

sotora2011.exblog.jp ブログトップ

タグ:アート・ディスプレイ ( 101 ) タグの人気記事

また行きたい! 御所南のフレンチレストラン DOLCH

e0248598_2211326.jpg



            御用があっての今日は、
            母の誕生日もあって家族でランチ。

            前菜とメインのメニューを見た瞬間から
            ざわざわしました^^

            前菜で選んだのは “ 真サバ と さつまいも のプレッセ ”
            ねっ、斬新でしょう。
            サバ好きとしては外せないなと。
            これが酸味爽やかで、やさしい甘味とぴったり調和して美味しい☆
            主役もさることながら、つけあわせのピクルスもいいんですb



e0248598_2293760.jpg


                そして本日のスープは “ ロマネスクのポタージュ ”
                ロマネスクって言うと ロマネスク様式ってフレーズがどーしても
                頭をよぎっちゃうんですが・・最近デパートや市場でちょいちょい
                見かける、ブロッコリーに似たお野菜。
                味はまさにブロッコリー前面で^^ これまた風味がいい ♪

                ドルチ さんのシェフは、ルーマニア大使館の公邸料理人だった
                そうで、メニューリストのなかにちょいちょい東欧の香りがする
                ものがあって ( 店内にもチェコで見かけた もぐらのクルテク くん
                がちょっこり居たり ) 心躍りました。


e0248598_2221236.jpg



                そしてメインは “ 鹿肉の○○ ペッパーソースステーキ”
                ( あやふやな記憶ですが )
                これが! 最高でしたb
                お肉もだけど、付け合せまでしっかり裏切らない美味しさ☆
                じゃがいもが甘くてホクホク。
                気取って着飾らなくてもいいさって感じで^^ しっかり主張の
                あるひとつひとつが美味しかった。。。


e0248598_22272912.jpg


             デザートまで限りなく満足◎
             店を出て一声目に 「 また来よーっと ♪ 」 と言ってました^^

             ランチなら、カウンターもあるしひとりでも来れそう・・w


             通りから少し入って、目立たない場所にあるけれど、
             席はすぐにうまって満席でした。
             メールでも予約できますが、電話のほうが確実です。


                                       restaurant DOLCH
                    TEL:075-213-2014 info@dolch-the-cat.com
             京都市中京区御幸町通丸太町下ル毘沙門町553 御幸町ビル1F                       
             
             
              

         そして今日はもう一件。

         京都市勧業館 みやこめっせ で開催された 習字展 へ行って来ました。



e0248598_22362346.jpg

e0248598_22385937.jpg


             いちおう、今回展示対象となるぎりぎりの入賞だったので^^


e0248598_2241848.jpg


             全国公募ですが、ここ京都の会場では関西近郊の府県の入賞作品を
             展示しています。
             やっぱり上位の作品は均整がとれていてグっと目に入ってきます。
             線が伸びやかで、ゆるぎがない。
             いろんな書体のものがありますが、いろんな捉え方があるので評価は
             さまざま、好き嫌いはある世界なんですけどね。


e0248598_2252401.jpg


                  ちなみに わたしの作品はこれ。

                  画数少ないし地味でしょ^^
                  筆が割れて満足いく仕上がりじゃなかったから、
                  あんまり気に入ってなくて、じつはこれ見るまで
                  自分が何書いて賞もらったか忘れてましたw

                  もっと魅せ場のある画数多い文体の課題のほうが
                  やっぱり目立つかもしれないですねー。
                   ( いいわけすな )


e0248598_22582490.jpg


                  こちらが今回のリザルト。
                  次回は、この10桁ほどの人数枠の上位入賞をめざして
                  なんとか頑張りたいです^^
                  その前に、初夏の試験に受からなければならないけど。


e0248598_2324971.jpg

e0248598_2332318.jpg


              会場の端では、財団が運営する学校の生徒さんによる
              緊迫感漂うデモンストレーションが行われてました。

              こんな至近距離で・・^^
              技術だけじゃなく、心も鍛えないとってことですね。








             
[PR]
by sotora2011 | 2014-03-16 23:33 | 日々

ピーニャの中庭 sanpo

e0248598_1938321.jpg





            球体禅。球体然。

            


                                 ヴァチカン市国のピーニャの中庭で。
                                      アルナルド・ポモドーロ 作





e0248598_19464156.jpg



           ちなみに
           遠くにみえるのが ピーニャ=松ぼっくり です。

           もともとは噴水だったとか。
           いろいろ移設を繰り返し、ここへ納まったようです。




           そして、ヴァチカン市国のなかで有名なのはやっぱりこれ。




e0248598_19524620.jpg



                 館内では写真撮影不可だから、
                 入館前にこれを撮っておくように
                 懇々と言われます^^


                 すごい人ごみのなか間近で観たけれど
                 ほんと吸い込まれそうだった。。。



               
                 
[PR]
by sotora2011 | 2014-02-27 20:16 |

京都甘味処 + 月ヶ瀬 +

e0248598_22163990.jpg




               浅草での和スイーツ 以降

               すっかり寒天と豆の口になってしまい..

               たまらず京都でいただいてみました^^



                *) S-K さ~ん、やっぱりこっちのにも
                     求肥入ってたみたいです~^^




      月ヶ瀬
        京都市中京区堺町通御池下ル
        (アーバンライフフォルムズ烏丸御池1F)
        営業時間:正午~PM7:00
        定休日:水曜日・第1木曜日
        ℡:075-212-1959



                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e0248598_22273899.jpg



                     めずらしくゆっくり感じた1月もいよいよ終わり。
                     年末に書いた競書作品 ( 右 ) がかえってきました。
                     今回も最高賞がもらえて、ひと安心^^
                     しんどかったのよ~笑
                     そして昇段。先には試験が待ってます。
                     左は七夕の時期の競書作品です。今ごろですがw
                     
                     そしてもうひとつ、財団が開催する習字展でも
                     賞を戴くことができたので、3月16日(日)に
                     京都の みやこめっせ で開催される
                     展示会で作品掲示されます。
                     全国各地で開催されてますが、京都展には
                     関西近郊の受賞作品が展示されるようです。

                     観覧無料ですので、もしお近くに来られることが
                     あれば、さんぽがてら覗いてみてください^^
                     岡崎公園の界隈ですb

                     って、本名で出してるから、わからないですね。
                     想像でw
                     自分ではあまり気に入ってなかったんですが^^
                     ( いいわけ )
                     いつか大賞がとれるように、がんばります☆


             



                     
                     
                      

                
[PR]
by sotora2011 | 2014-01-30 23:02 | 日々

視てるんです


e0248598_18284462.jpg




          ぎょっ として





e0248598_18344478.jpg

e0248598_1835028.jpg



          わっ となる



e0248598_18353572.jpg



                                       森美術館へ行ってきました。




e0248598_18361179.jpg



                                       六本木クロッシング2013展
                                          ―アウト・オブ・ダウト―



         結論
         アピールの強いものからは
         遠ざかりたくなる性質です。





          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



            余談ですが、前回の東京旅の際訪れた 長谷川町子美術館
            言わずと知れた サザエさん の作者である 漫画家 長谷川町子 さんと
            姉の毬子さんが共に蒐集した美術品を展示された個人美術館です。


e0248598_1905534.jpg



            こちらで見た、年に数回開催されるという収蔵コレクション展が
            思いのほか素敵だったのを思い出しました。
           
            駅を降りてからの街の雰囲気ふくめ、またほかの作品鑑賞に
            ゆっくり訪ねてみたい美術館です。
            
[PR]
by sotora2011 | 2014-01-13 19:23 |

マノンさんで七宝きょうしつ

e0248598_22173824.jpg




         今日は西宮北口まで。


         マノン manon さんで開催中 ノリネコさん七宝教室 に出かけてきました。

         定員ラスト1名のかけこみ受講です^^




e0248598_22243944.jpg



         材料はすべて教室で用意してくださっているものを使うので、
         手ぶらでOK。
         写真の赤い小さなのは炉。
         この炉で作品を焼き焼きします。



e0248598_22271427.jpg



                   型は何種類かあるので選びます。
                   ほんとは型材を切り出してたたく前工程があるんですが、
                   そこまでは仕上げてあるベースの型を使用します。
                   ネコのかたちや鳥、ツリーのかたちに切り出したものも。
                   なるべくオリジナル作品にしたい思いがあったので、
                   描いてきた絵がのせやすい四角にしました。




e0248598_22305761.jpg



                   まずは紙に描いてきた絵柄を見ながら
                   お馬さんのアウトラインをつけペンで描きます。
                   これがなかなか慣れなくてむずかしい。。
                   ペン先が思うように動かせず四苦八苦..汗
                   

                   描いたアウトラインを一度、炉で焼き付けます。
                   約20秒ほど。
                   だいたいの焼付けが20~30秒くらいで
                   ときどき様子をみながらの試行錯誤の繰り返し。


e0248598_22344525.jpg



                   そうしていよいよベースの色味をのせます。
                   最初、仕上がりのイメージがぜんっぜんわかなくて
                   またまた悩みましたが、先生がいろいろアドバイス
                   くださるのでだいじょうぶ。
                   粉末のとき、焼いた直後、それが冷めたときの色味が
                   やんわり変化するから、そこは経験だなーと。
                   写真はベース二度目。
                   足りないな~とか、やりなおしたいな~と思ったら
                   また色を足して調整できるところがナイス。

                   微粉末状の釉薬少しずつ、細筆で置くようにして
                   色味をのせていきます。

                   仕上がりにドキドキ。




e0248598_22443246.jpg




              お馬さんの色と樹の幹にも色をのせて。
              枝はすごく繊細なので、ノリで少し固めながら慎重に形どります。




e0248598_22491738.jpg

e0248598_22562760.jpg


              そして少しプックリさせたい部分は釉薬をこんもり。
              じつは、色粉によって融ける温度がそれぞれ違うそうで、
              これが仕上がりに左右するからなかなか大変!
              わたしはちょっとアドバイスに反することをしてしまって、
              融けきらずに残った部分がひとつだけできちゃいました^^;


e0248598_22571268.jpg



                最後に、金液で縁取りしたいところを描き足して
                焼き付けます。

                仕上げのやすりがけやブローチピン留めは
                先生がしてくださいます。



e0248598_2332187.jpg

e0248598_2333654.jpg



                    渾身の初七宝☆祝
                    いかがでしょう。。ふふ^^

                    
                    とっても充実した数時間。
                    機会があったらまた受講したいな..
                    次回はもっとレベルアップできるはずw

                    創作好きな誰かを巻き込んで、
                    また参加してみたいと思います♪




                       ・・・・・ おまけ ・・・・・



e0248598_23103978.jpg


              お昼は 西宮ガーデンズの ヘルシンキベーカリー さんで
              ランチプレートをいただきました。

              野菜たっぷりですごく美味しかったです◎






                    
                    
                    



              
[PR]
by sotora2011 | 2013-12-07 23:47 | 日々

欧化


e0248598_19163222.jpg




           鹿鳴館の天空を歩く。






e0248598_1920142.jpg



           強化ガラスの床下に、模型の鹿鳴館がありました。
           ちょっとおっかなびっくりで上を歩いてみました。

           こちら、定時になると係りのお姉さんが現れ、
           動く模型に合わせてガイドしてくださいます。


e0248598_19253146.jpg


           夕暮れ時の鹿鳴館、建物に灯りがつきはじめたかと思うと、
           建物の屋根が開いて中のホールが現れました。
           夜な夜な催された舞踏会のようすが再現されます。


           鹿鳴館のしかけのあとは、そのままながれで ニコライ堂の紹介へ。

e0248598_1932772.jpg



           こちらも聖堂が上下し、中のようすを覗くことができました。
           ( 写真はうまく撮れなかったのでナシ^^ )
           ニコライ堂の正式名称は 「 東京復活大聖堂 」
           千代田区神田駿河台に現存するそうなので、次回の東京旅の
           際に訪ねるつもりです。


           そして最後は銀座の煉瓦街。


e0248598_19345298.jpg


            今も残る有名な商業施設や歴史的建造物の紹介と、
            当時起こったいろいろな “ 事件 ” にスポットライトが
            あたるしくみ。


e0248598_21211519.jpg



            和と洋がぐるぐる混ざり合ってあわただしく、
            どっちつかずの様がとっても日本らしいなと
            思ってしまう展示なのでした。





                      *******



               今年はベストタイミングで衣替えをしました。
               まださすがにモコモコニットは早いけど。

               ニットが好きです。


e0248598_21323234.jpg


                   雑誌を読んでいて知ったのですが、
                   ニットはもともと、漁師の防寒着として
                   女性が編んだもの、作業着なのだそう。
                   伝統的な網目模様は、家々によって
                   パターンがあり、いわば家紋のような
                   役割もあったそうで、不慮の事故など
                   の際の身元判別にもなったのだとか。
                   しかしながら、家を守る女性たちは
                   漁へ出る家族の無事を祈る思いで
                   一針一針、心を込めて編んだことは
                   言うまでもありません。




e0248598_21554572.png


                    ガラにもなく柄パンをアイテムに加えました。
                    履きこなせるかなー。
                    ついでにニットも。
                    意外にもベトナム製ですけどね。


            
            



            

           
 
[PR]
by sotora2011 | 2013-10-24 21:59 |

おあがりやす

e0248598_18305535.jpg




            靴を脱いでお上がりください。


                       
                             *****




            博物館の一角に、昔懐かしの庶民的な日本家屋が
            まるごと再現されています。




e0248598_1836564.jpg



            とはいえ、
            祖母の家はまだこんな感じも残っていたりするので
            あんまり昔々な感じがしないんですけど^^

            それでも、天井がやっぱりずいぶん低く感じたかな。

            
            訪れた外人さんも慣れない手つきで靴を脱いで、
            身をかがめながら面白そうに入ってらっしゃいました。
            のっぽな外人さんにとっては、小人の家みたいなものでしょうね。
            

            置かれている台所用品もろもろ、手入れをまめにしないと
            すぐに汚れて使えなくなってしまいそうなものばかり。
            台所仕事ってほんとに大仕事だったんだろうな~と思います。


                                Tokyo Metropolitan Edo-Tokyo Museum



                              *****




e0248598_18492450.jpg




                   先日の やまほん さんでゲットしたWECK。
                   活躍してます。

                   このところ毎日ランチはサラダとおにぎり。
                   ( ときどきパン )
                   飽きないのか?と言われそうだけど、
                   今のところサラダのバリエーションを変えて
                   楽しんでるのでだいじょうぶです^^


           ・・・ サラダ ・・・・・


              レタス
              水菜
              ラディッシュ ( 葉付きのもの )
              たまご
              プチトマト
              すだち

                                 ・・・・・ ドレッシング ・・・

                          
                                     市販のゴマドレ
                              EXバージンオリーブオイル
                                       ナンプラー



                  サラダの具材はそのときどきで安くて新鮮なものに
                  変わります。
                  葉ものは、わさび菜だったり、セロリだったり。
                  ミョウガ をきざんで入れたりスプラウトを入れるのも
                  爽やかな香りがして好きです。
                  最近本で読んでコツを知ったのですが、サラダは
                  ヘラや箸を使わず、両手を使ってさっくり手早く混ぜ
                  るといい具合になります。
                  ドレッシングもそのときどき。
                  今は市販のものを混ぜているけれど、たとえば
                  ゴマ油とアジシオ、という組み合わせだけでも
                  レタスと相性がいいし、出汁しょうゆとオリーブオ
                  イルとナンプラーを混ぜることもあります。
                  プチマイブームのナンプラーにいたっては、この頃
                  冷奴にかけて食べたりしています。
                  ミョウガ と かいわれ大根をのせると美味しくて~。
                  オリーブオイルも優れもの。
                  女性のお悩み、便秘解消に効果があるらしく、試し
                  に意識して摂るようにしたのですが、テキメンでした!
                  お悩みの方、いらっしゃいましたら一度、試すのも
                  ありかもしれませんよ^^

                  ありふれた日常をおおくりしましたw







                  

                   


            
[PR]
by sotora2011 | 2013-10-22 19:42 |

えちごや

e0248598_20361761.jpg




              越後屋といえば

              悪代官&悪商人 の間で交わされる
              あこぎな商売劇の舞台を思い浮かべるわたし。
              
              ミニチュアの越後屋からは
              微塵も感じられません。

              


e0248598_20524423.jpg


              江戸の町並みを表情豊かに再現したミニチュア。



e0248598_20555898.jpg


              きっとひとりひとりの会話まで浮かべながら
              作られているんでしょうね。



e0248598_20581121.jpg


              
e0248598_20583494.jpg


              館内にある模型のいくつかは
              定時になると仕掛けが動くようになっています。

              こちらは暖簾が上下して
              屋敷の中が見えるようになるしくみ。


e0248598_2059689.jpg



              横から見た断面ですが、1階は店舗、2階の広間は
              なんでしょう?



e0248598_210488.jpg


                       越後屋の看板。
                       「 呉服物品々 」 の両脇に書かれた
                       「 現銀 」 「 無掛直 」 の表記。
                       当時の呉服商では
                       “ 節季払い ” といって年に2,3度
                       まとめて御代を払うのが通例だったとか。
                       そのため、御代には支払日までの
                       利息である 「 掛け値 」 がつきたいへんな
                       高値になったそう。
                       それを、その場で現金決済にするかわり
                       「 現金 ( 銀 ) 掛け値 ( 直 ) なし 」
                       という商法で大いに繁盛したというお話。





                                          Tokyo Metropolitan Edo-Tokyo Museum
                       
[PR]
by sotora2011 | 2013-10-20 21:32 |

エド+トーキョー架け橋散歩 東京都江戸東京博物館


e0248598_22541514.jpg



            江戸から東京への歴史と文化をたどることによって
            「 未来の東京 を考える 」 博物館。


            つまりは東京が進化しつづけるかぎり、
            ここにはどんどん歴史が詰め込まれるわけ。
            詰め替え式のタイムカプセル。




e0248598_2381396.jpg


            タイムカプセルらしく、センターコートへは
            左に見える赤いタイムトンネルみたいなのをのぼっていく。



e0248598_23115667.jpg


            カプセルだけど中身はほぼ原寸大。
            “ 芝居と遊里 ” の江戸ゾーンを散歩する。


                                                  つづく

                          Tokyo Metropolitan Edo-Tokyo Museum


e0248598_23325495.jpg


                                 はじめての総武線。
                                   両国で降ります。
                                    さすがは両国
                          スモウレスラーを見かけました。
                            ちなみに行きの京都駅では
                       新幹線を待つ舞妓はんを見ました。
                   お相撲さんは、新幹線で座れるんやろか。
                               特別席のある車輌とか
                               チャーターするんかな。
                                       どすこい。
[PR]
by sotora2011 | 2013-10-16 23:51 |

煌 **


e0248598_2347792.jpg




           撮って撮って!

           とはしゃいでいる二人組みを横撮り。



           ながれ廻り煌めくイルミネーションは
           このときとばかりに開放的にさせるようです。


                 *。** .゜ ** 。** .゜ ⋆ 。** .



              9月も終わり。
              まだ夏が終わって間もない気がしてたのに、
              もうカレンダーではどっぷり秋へ突入。

              そうこう言ってるうちに、年末がまたやってくるんだろうな。
              なんだか毎年の決まり文句で言ってるけど・・
              一年、早いですね。

              先取りしてクリスマスマーケットの写真をお届けしています。
              撮ったのは昨年、の写真だけど。
              チェコの写真もかれこれ1年がかりの投稿になりつつあります。


              話は変わりますが
              今年も、湯郷温泉アートプロジェクト ガラスのクリスマス
              12月から開催されます。
              年々規模が拡大している本プロジェクト。
              今回はガラス作家65名による展示が行われるようです。
              2年ぶりにちょっと訪ねてみようかしらと思案中。


              またまた余談ですが
              日曜23:00 のEテレ 『 美の壷 』 が最近好き。
              今回のファイル “ 背広の美 ” はなかなか面白かったですb





              
              
[PR]
by sotora2011 | 2013-09-30 00:23 |
line

旅のひとさじ+日々のひとかけ


by らん RUNNE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30