SO+RA sotora ソトラ

sotora2011.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

チェコ旅 + プラハを臨む + Petrinske sady sanpo

e0248598_22525435.jpg





           忘れたころのチェコ旅日記w

           ほんとは薄れることを気にしつつ、なかなかこのところ
           写真に向かえなかっただけなのですが(汗

           ペトシーン公園の展望台からの眺めです。

           風がごうごうと吹きすさぶ中、えっちらおっちら登ってきた成果^^
           ま、腕が追いついてないので出来ばえは今ひとつですがw
           脳裏に残しているから、これはほんの記録..ということにしときましょう。

           
           高いところからみると、カレル橋を渡る人の多さがよくわかります。
           何度もあの橋を行ったり来たりしたよね・・なんてしみじみしたり。

           そう、この日は帰国の日。
           最後のプラハを目にやきつけていた最中なのでした。



e0248598_2354534.jpg



           こちらはプラハ城を臨む風景。

           登城坂を上る人が米粒くらいに小さく小さく見えています。
           いたんですねー、あそこに。
           米粒1 だったわたし・・笑
           あれからもう半年なんて、、何だか信じられません。

           この夏は旅はおあずけ。

           だからかなあ・・ちょっと気合が入りにくい気がする~
           ( ただの言い訳w )


           さ、また明日からお仕事ですよ。
           がんばりましょう!








           
[PR]
by sotora2011 | 2013-06-30 23:17 |

スクロヴェーニ礼拝堂@大塚国際美術館

e0248598_18454760.jpg




           大塚国際美術館のなかで圧倒的な人気のホール。
           スクロヴェーニ礼拝堂を模したものです。
           ブルーのフレスコ画転写が、なかなかの存在感を放ってます。




e0248598_18485114.jpg



           陶板の継ぎ目も壁が広いせいか気にならず、落ち着く仕上がり。
           みんなこのブルーにいたく惹かれるようで、人の出入りが途絶えません。
           1枚目もめちゃくちゃ粘って人の波が消えたところで撮りましたw




e0248598_18514397.jpg



           美術館には、スターウォーズのR2D2みたいな案内ロボットがいて、
           館内を自走して作品紹介してくれます。

           ここではちゃんとポインターを使って絵の説明をしてましたよ。






                   
[PR]
by sotora2011 | 2013-06-26 19:05 |

最近.....

            玄関先で、ニャーの声がします。

            あまりに泣き声がつづくので、扉をあけてみました。

e0248598_23394568.png






                あしもとに、なんとも愛くるしい子猫が☆


e0248598_23422550.png





               冷蔵庫に鰹ぶしがあったのであげてみましたところ

e0248598_23475060.png



               ちょっとした品定めのあと、袋半分ほどをたいらげました。




               その日を境に、ときどき顔を見せるようになったコニャンコ。

e0248598_23531556.png




                白くてやわらかい毛並みに薄いグレーの斑模様が
                ヒラメのエンガワみたいだったので、
                “ ひらめちゃん ” と勝手に名づけて
                遊ぶようになりました☆



e0248598_23565589.png




               とはいえ、うちのアパートはペット禁止。
               しかも、どこかの家ネコかもしれないし、
               一定の距離感でなかよくしておりましたが




e0248598_23584815.png


                
                ときどき家の中に連れ込んで遊んでみたり..
                日増しに情がわいてきていたことは
                言うまでもありません。




e0248598_012165.png



               「 最近仲良くなったニャンコがいてね。
                ネコってやっぱり可愛いね~。抱っこしてたら
                なんか幸せな気分になるんだよね。これって
                母性本能かなー。もう、毎日気付いたら
                今日も来てないかな~って探してるんだよね。 」
               
               「 ちょと・・まさか飼うなんて言わないよね? 」

               「 そこまでは考えてないけど・・
                でも、ふわふわのものを抱くあの感覚?
                久しぶりの感覚が甦ったというか・・
                ものすごく癒されてるのはたしかかも。」

               お友達ともネコ談義。
               すっかりネコ生活なわたし・・・ 
               







e0248598_085674.png


                 という夢をみました....... 笑





                 よほど疲れていたのでしょうか^^









                
[PR]
by sotora2011 | 2013-06-21 00:22 | 日々

大塚国際美術館 + 陶板のシスティーナ礼拝堂 +

e0248598_23432254.jpg





          有名なバチカンにあるシスティーナ礼拝堂を模したホールです。

          上階のギャラリーから観るとそれなりです。

          ホンモノの礼拝堂内は、むかし訪ねたときはもちろん撮影不可でしたし、
          予約制なのに朝からものすごい行列に並んで入らねばなりませんでした。
          入口に立てかけてある、礼拝堂内の写真を写したプレートを今のうちに
          撮っておきなさい・・とガイドに言われます。。
          ただ、やっぱりあのとき観た真の青い天井画は圧巻でした。
          それを思い出したことは、ここを訪ねた甲斐があったというものなの
          かもしれません。

          


e0248598_012062.jpg


          
          
          その場所を歩いてみたくなるような風景。
          気になった絵のひとつです。




          さて、ほかにもイタリアの有名どころを再現したコーナーを回り
          ましたが、またそちらは次回^^
[PR]
by sotora2011 | 2013-06-19 00:05 |

大塚国際美術館を訪ねる

e0248598_2259418.jpg





           体力も回復したので、思い切って、予定していた 徳島県鳴門市の
           大塚国際美術館を訪ねてきました。





e0248598_2321714.jpg



           大塚国際美術館は、西洋の名立たる名画をオリジナルサイズで
           陶板に復元した、1000余点もの作品を有する美術館です。


           
e0248598_2381569.jpg




           あまり予習なしに訪ねたので、すべて陶板名画だとは知らず・・
           イタリアや美術展などで直に観たものについてはやはり、実物と比べ
           ざるを得ません。
           キャンバスに重ねられた絵の具はもっと濃厚だったりテラテラしていたり、
           やわらかく繊細だったりしたので、やはり観入るような感動は難しいです。
           実物を観た人は、 「 あぁ、こんなのがあったなぁ 」 と思いかえすことが
           できるし、観たことない人は、そこへ行ったような気分になれる・・かも?
           作品の数は多いし見ごたえはあって、階をおりるごとに迫力は増しました。
           わたしは結局、昼食含めて5時間ほどいました。




e0248598_23263192.jpg



           まずはモネの大睡蓮をモチーフにした展示スペースから。
           こちらは地下2階にあります。




e0248598_23275376.jpg



           池の周りにはカフェテーブルがあって、お茶が楽しめます。
           水面には赤とんぼが飛び、メダカが優雅に泳いでいました。



e0248598_23293464.jpg



            小橋を渡ると円形にめぐらされて絵画が展示されていました。



e0248598_23303727.jpg




            久しぶりの遠出で、たくさん撮ったので今日はちょっぴり疲れました。
            あとはまたつづきの記事でご紹介。
[PR]
by sotora2011 | 2013-06-16 23:35 |

チェコ旅 + ペトシーン公園 +

e0248598_22534036.jpg





          旅の締めというのは、毎回悩むものです。
          トータルで考えればよいものなのに、“ 終わり良ければ ” と考えて
          しまうのは、なんの性なのでしょう。

          この、一見桜のような景色、けっこう好きです。



          最終日に選んだのは、プラハの街並みを一望できるというペトシーン公園。
          メトロやトラムの共通チケットで乗車できるケーブルカーに乗りました。



e0248598_22575856.jpg



           写真では乗客が写ってませんが、降車したあとで写したからですよw
           乗るまでは行列ができてました。

           乗ってからの景色で気付いたのですが、もしかしたら、徒歩でも頑張れば
           登れたかもしれません^^




e0248598_22594124.jpg




            公園内には街を一望できるという展望台があります。

            「 サクっ ♪ と見て、街を一望して、残りの時間をまったり過ごすのだ~ ☆」



            なんて思っていたらいけません。





e0248598_2315837.jpg





               チケット買います。


                  ↓



               登り口に行きます。



               はい、、、テッペンまで・・・・・徒歩です;




               そうなんです!

               頂上までは全部徒歩!!

               ( 驚愕の事実w )



               冷たい風吹きすさぶ中、揺れる足元・・・・・怖
               息切らしながら登りましたよw




               毛のついたマフラーを何度か飛ばされそうになりながら、
               ひたすら階段を登りました。
               最後の最後になんて誤算!!
               今となっては笑い話ですが、そのときは膝が笑ってましたよ^^;


               無事テッペンまで登りました。
               そして、プラハも一望できました。

               とにかく寒かったけどw
               ※ その模様&景色全貌はまたの記事で...^^



             
[PR]
by sotora2011 | 2013-06-11 23:15 |

群がる

e0248598_1235873.jpg




             快晴の青空のもと
             陽を浴びる茶色い屋根の上に
             なにやらツブツブもそもそ動くものたち・・
             なんだと思います?





                       ↓ ↓ ↓








e0248598_12374491.jpg



                       正体は ハト。
                       なぜかこの一角にだけ
                       群がって羽を休めています。

                       ちょっと気持ちワルイくらいですw





e0248598_12394488.jpg





                      川を挟んで橋をわたって
                      旧市街と城下町を行ったり来たり。





e0248598_1241134.jpg




                    橋のたもとのベーカリーカフェは
                    ちょっと休憩、、 の人々でいつも群れています。

                    店先で焼くトルデルニクもよく売れています。
                    わたしもここで、ホットワインをいただきました。
[PR]
by sotora2011 | 2013-06-08 12:42 |

路地ック

e0248598_19272067.jpg





           なにかをくぐるときの、ドキドキ感ってなんだろう。


           橋下をくぐる
           藤棚の下をくぐる
           滝シャワーをくぐる
           暖簾をくぐる


           どれも一様にドキドキワクワクするものです。





           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           もういくつか寝ると1/2年。
           あけましておめでとうから、はや半分も年を過ごしたなんて。
           なのにちっとも進化してない気がするのは気のせいでしょうか(汗





           
           
[PR]
by sotora2011 | 2013-06-05 19:36 |
line

旅のひとさじ+日々のひとかけ


by らん RUNNE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30