SO+RA sotora ソトラ

sotora2011.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

横断

e0248598_2019776.jpg




            カレル通りをカレル橋に向かって歩くとぶつかる横断路。
            人と車とトラムと羊。
            いまかいまかと渡る時を待っている。
[PR]
by sotora2011 | 2013-03-30 20:25 |

チェコ旅 + マイゼルシナゴーグ +

e0248598_11474659.jpg




           白い外壁に青のフェンス。
           他のシナゴーグにくらべてより教会堂っぽい外観です。
           こちらは当時の皇帝の許しを得て モルデシャイ・マイゼル が
           個人的に建てたものなのだそう。
           近所のおじさんが神社を建てたようなものでしょうか・・
           日本にはない発想かもしれない。




           
[PR]
by sotora2011 | 2013-03-30 12:03 |

遊覧ゆらん

e0248598_22175224.jpg




           冬真っ只中の川面をはしる遊覧船には
           さすがにデッキに出る乗客はいない。
           もしくはこれから乗客を載せようというのか。
           橋の上からはそれを窺い知ることはできない。         
           
                ...........................


           仕事上においては明日で12年度も終着。
           回想してみれば、よく船酔いしてたなぁw
           そして気持ちとの闘いの多い一年でありました。

           明日、どうやらまたひと暴れするかもしれませんがw

           でもとにかく4月からは穏やかにいける兆しです。
           
           
[PR]
by sotora2011 | 2013-03-28 22:49 |

チェコ旅 + 透明人間を操る男 +

e0248598_21562336.jpg




           聖アネシュカ修道院横に、不思議な像を発見。
           短編小説に出てきそうなミステリアスな男。
           背負われているような背負わせてるような。

           修道院の内部が現在、国立美術館であることに
           関係しているのかもしれないけど。


           襟元のぽっかり空いた穴は、異次元の入口・・
           なんて想像して遊んでみたりする。
           穴に入っていい人物の選別は、肩に載っている
           一見紳士風の男が行うのだ。
           異次元の世界とここをつなぐ門の番人。
           ここまではわたしのフィクション。
           ノンフィクションかどうかは、男の前に立つまで
           わからない。
[PR]
by sotora2011 | 2013-03-26 22:12 |

チェコ旅 + ギザギザ屋根のシナゴーグ +

e0248598_16115117.jpg



           ノコギリの刃のようにギザギザな屋根を持つ
           旧新シナゴーグ。
           なぜ “ 旧新 ” ?
           もともとは 新シナゴーグ と呼ばれていたの
           ですが、のちにその他の新シナゴーグが
           建てられたため、こう呼ばれるようになった
           のだそうです。
           それなら “ 新 ” ってつけなきゃいいのに。。
           時がたてば古くなっていくのだから。

           こちらのシナゴーグ、はじめ入口がわからず、
           ぐるりと一周騙されたようにまわることに。
           向かって右手に小さく背の低い目立たない
           ドアがあり、そこから出入りする人を見つけ
           たことからようやく入口がわかりました。
           だって、なんの飾りっけもないんですもの。

           こちらのシナゴーグは現在もシナゴーグと
           して機能しているそうで、ときに礼拝などで
           入れないこともあるのだそうです。
[PR]
by sotora2011 | 2013-03-24 16:52 |

チェコ旅 + シナゴーグ + 改編

e0248598_20141638.jpg




          ハイブランドショップやおしゃれなレストランが並ぶパリ通りの
          ほど近くにユダヤ人地区があります。
          ユダヤ人地区はかつてゲットーと呼ばれ、ユダヤ教徒が住む
          ことを許された一定の地区のことを言います。
          足を踏み入れてみてわかったけれど、先入観なく来てみても
          やっぱり一足この地区へ入ると、パリ通りの華やぐ雰囲気と
          一転してなんとも口舌し難い雰囲気を漂わせています。
          そして、宗教上、心象の理由からか、城やカレル橋を訪れる
          観光客から一定の人種をのぞいた人たちに加え、また違う
          地域からの訪問者も訪ねているように見受けられました。
          ( 気のせいかもしれないけど )


          写真のシナゴーグは クラウセンシナゴーグ(左)と儀式の家(正面)。
          シナゴーグとは、ユダヤ教徒の祈りの家や教会堂のこと。
          このシナゴーグ奥には、1万2千基もの墓石がびっしりと並ぶ、
          旧ユダヤ人墓地があります。
          ひんやりとした空気に包まれるそこは、古い樹木が点々と並び
          影を落とし、昼間でも陽はうっすらしかささず、人ひとりやっと通れる
          ほどの小路を残して墓石は折り重なったり支えあったりしながら
          びっしりと並んでいます。
          クラウゼンシナゴーグは埋葬組織の拠点としての役割があったのだ
          そうで、今では中はすべて展示室となっており、当時の面影を標す
          ものは見られませんでした。
          儀式の家も同様に、現在では中は展示室となっており、子どもたち
          の絵やさまざまなユダヤにまつわる品々が展示されていました。
          この儀式の家は当時の遺体安置所だったのだそうです。
          訪れる人たちは、みなそれらの膨大な展示物をそれぞれ時間を
          かけてじっくりと見てまわっているのがとても印象的でした。ほんとう
          にじっくりと。
          日本人って、そこまでじっくり展示物についている説明をひとつ
          ひとつ読んで見てまわる人ってあまり見かけないですよね。流し見
          が多いように思います。
          それはとても感心する光景でした。


          シナゴーグはほかに数箇所あり、共通チケットを売っています。
          チケット売り場は写真左のシナゴーグの1階にもあり、こちらのほうが
          行列もなくスムーズに買えました。

          ほかのシナゴーグはまたの記事で。


          ※ 建物名称に少々思い違いがございましたので、内容を一部改編いたしました。
            ご容赦ください。
            



          
          
          
[PR]
by sotora2011 | 2013-03-23 21:01 |

意識

e0248598_16324463.jpg




               なんでもないようなものが
               心をわしづかみ。

               しっくりくるってこういうこと。
               たぶん意識はしてないと思うけど。たぶん。




               それにしても、なんて車種なんだろう。
               車好きの弟に聞いたけど、
               「 ん~、わからないけどとにかく古い車 」
               というざっくりした答えでした^^
               正面にまわって、顔を撮ればよかったかな。
           



              ・・・・・ おまけ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


               もうそろそろ桜と交替かもしれませんが
               先日見に行った京都御所の梅林。



e0248598_171391.jpg

               

               御所って、なかなかすごい樹木がたくさん
               あるんですよね。
               ちょっと感心しました。


e0248598_173981.jpg


                 これぞ ザ梅 っていうような梅。
                 料理に添えると可愛い気がします。



e0248598_174425.jpg



                花の季節ですねぇ。。
                なんだかわくわくしてきます。
                脱皮したい気分w
[PR]
by sotora2011 | 2013-03-20 17:09 |

チェコ旅 + 市場探訪 +

e0248598_2014216.jpg




          旧市街の一角に野菜とみやげ物の市場。
          野菜と果物を売る店の横では、チェコ土産がずらり。
          ターゲットがよくわからないw

          “ チェコのくまもん ” こと モグラの “ クルテク ” のグッズは定番のオミヤゲ。
          ( ↑ 勝手にイメージ )
          マリオネットは有名だけど、持って帰るのがたいへんだし、飾っておくには
          ちょいコワイので見るだけに。




e0248598_20231812.jpg



          お店によって値段設定が多少違ったので、ここは交渉術がものをいう
          かもしれないですね。




e0248598_2024561.jpg



          果物の市場はどこへ行っても見るだけで楽しい。
          特別変わったものはなかったけど、色とりどりの果物は
          ついつい買ってしまいたくなる代物なのです。
[PR]
by sotora2011 | 2013-03-19 20:28 |

みちくさ

e0248598_1542798.jpg




        田舎のスナックにありそうな表題ではありますが、
        それの入口ではございません。

        遊び心をちりばめた場所発見。
        ちょっとふらりと立ち寄ってみました。
        おんどりといっしょにイン!
        みちくさも旅のひとつ。






               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


               昨日はお日柄もよく
               家族のお祝い事で食事会を催しました。




e0248598_15125229.jpg


               オミヤゲとプレゼントも喜んでもらえたようです。
               お料理も、たいへん美味しゅうございました☆
               人気でいつもいっぱいのようなので、要予約ですv


               リストランテ 美郷

                〒600-8079
                  京都府京都市下京区堺町通松原下ル鍛冶屋町246-2
                                 電話番号 : 075-351-0098



               
[PR]
by sotora2011 | 2013-03-17 15:23 |

instrumental

e0248598_20441615.jpg




              音楽のある生活に憧れる。





          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


             今日はホワイトデー。
             ありがたいことに、たくさんいいものを戴きました☆
             ( 自慢ではありませんw )
             アレジーでいろんなことが散漫ではありますが、
             明日からまた純白な心で一生懸命がんばりますv






          
          
[PR]
by sotora2011 | 2013-03-14 21:04 |
line

旅のひとさじ+日々のひとかけ


by らん RUNNE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー